ホームレス自立支援関連事業」カテゴリーアーカイブ

「はまかぜへの寄贈品」 | 2021年1月1日

みなさま、こんにちは。年末に、とある利用者さんが退所されました。この方は、絵がお上手(プロなのかも知れませんね。)でお世話になったお礼にと1枚の絵画をご恵贈下さいました。ご紹介致します。

鉛筆で描かれた実に写実的な「はまかぜ」の全景です。ご恵贈下さってとても嬉しく思います。ありがとうございました!私どもは、この絵画を大切にし、早速、額縁に入れて施設内に飾っています。

ブログ制作:いちはら

 

☆謹賀新年@はまかぜ☆ | 2021年1月1日

みなさま、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。昨年は、新型コロナウイルス感染の影響で、暗いニュースばかりでしたが、今年は明るい兆しが見えることを願っています。どなた様にもご多幸がありますように!

ということで、「はまかぜ」も2021年(令和3年)がスタートしました!毎年のようですが、「はまかぜ」の食事の一部をご紹介したいと思います。

朝食のご紹介なのですが、ひぐらし亭さん(3F食堂)が頑張って下さり、お正月メニューが豪華になっています!もちろん、昼食も夕食も明日も明後日も豪華メニューです!利用者さんも楽しみかと思います。美味しいお食事で力を付けていただき、是非、頑張って欲しいです。

またブログで今年1年、日々の出来事をご紹介して行かれればと思っていますので、よろしくお願い致します。

ブログ制作:いちはら

 

 

 

 

第10回:はまかぜ利用者アンケート結果報告 | 2020年12月29日

みなさま、こんにちは。「はまかぜ」では、6月と12月の年に2回、利用者さんに向けたアンケートを実施していますが、去る12/16に実施したアンケートの結果をアップさせて頂きます。御覧下さい。

 毎回、結果は似たり寄ったりが多いのですが、今回は高スコアで特筆すべき点は私ども職員の対応について、90パーセントの利用者さんから満足の回答をいただけました。90パーセントに達したのは、初めてのことですが、今後も慢心せずにしっかり取り組んでいきたいと思います。

ほか、設備面諸々で不満に感じている方もいらっしゃいますが、改善策について、きちんと検討していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

今年は、コロナ禍での年越しとなりますが、みなさま、どうか感染にご留意いただき、良いお年をお迎え下さればと思います。

ブログ制作:いちはら

 

 

 

 

コロナ禍の中で講演会開催 | 2020年12月8日

12月4日(金)横浜市社会福祉協議会 生活医療福祉部会の講演会の企画・開催に携わってきました。

田園調布学園大学 副学長 伊東先生を講師にお招きして テーマは「精神保健医療福祉の現状と地域包括ケア」~精神保健医療福祉の過去から、現在、そして未来を考える~でした。

コロナ禍の中、自殺や引きこもりなど増加傾向にある中、今、私たち社会福祉従事者に何ができるか?地域で過ごす方々へどのような支援ができるかを考えさせられる内容でとても有意義な講演会でした。

今回は初めての試みでリモート参加と会場参加と参加形式を選択できるようにしました。リモート形式では40名以上の参加者がいらっしゃったのも新たな参加形態なのだと思いました。

会場参加もソーシャルディスタンスを確保し換気扇で十分な換気やマスク、消毒液を備えて20名以上の方が参加されリモートを含めると60名以上と大盛況でした。

 

今後も環境や状況の変化に応じて一人でも多くの参加者にきていただけるような研修会を企画していきたいと思っています。

12/23追記分

先日の研修のアンケート結果より一部抜粋したものを掲載します。

ご参考までにお願い致します。

◎リモートで参加された方のコメントになります

・移動時間がなく、参加しやすかった。

・コロナ禍で移動による感染リスクが軽減できた。

・現地での参加を職場が認めてもらえなかったため。

・社内で複数の参加者が参加できる。

・感染予防対策になる。

◎会場参加してみて

・先生の生の毛を聞くことが良かった。

・リモートだと寝てしまう

・職場がリモートに対応していなかったため。

等の意見があがっていました。

以上です。

文責:福岡

慶応義塾大学からの見学者@はまかぜ | 2020年11月24日

みなさま、こんにちは。去る11/16(月)に、慶応義塾大学の学生さんがコロナ禍ですが「はまかぜ」に見学に来て下さいました。お名前は、毛利志津子さんとおっしゃいます。毛利さんは、「はまかぜ」のブログを御覧下さり、学生さん向けのDVD作成をお知りになり、ご自身が論文を書かれるということで、お勉強にお越し下さったのでした。当日は、大原職員が対応させていただきました。

是非、良い論文を書かれて下さい。影ながら応援しています!本当にご熱心な毛利さん!その姿勢に深い感銘を受けました。

ブログ制作:いちはら

大学生用DVD作成@はまかぜ | 2020年10月27日

みなさま、こんにちは。「はまかぜ」には、毎年、大学生がお勉強に来ています。しかし、今年は、コロナ禍のため実習ができません。

そのため、「はまかぜ」では、初めての試みですが大学生向けの生活困窮者支援に関するDVDを作成しました。そのDVDを観ることによって、支援内容の理解を深めていただければと思います。今回は、その制作過程をご紹介させていただきます。

私ども、職員には動画編集のノウハウがありませんので、「ことぶき協働スペースさん」の吉浜直樹さんにお力添えをいただくこととなりました。大原職員(左)と吉浜さん(右)が、何やら打ち合わせをしているようです。

この画像は勝又雅矢職員が、生活困窮者支援や「はまかぜ」についての講義をしているところです。この画像は、編集中の動画を撮影したものです。勝又職員の講義で、大体1時間弱となっています。とても判りやすい講義内容になっていました。

次は、大原職員が一生懸命、施設内の説明をしています。この説明は、大体15分くらいでしょうか。勝又職員の講義と大原職員の施設案内を合わせると、視聴時間は大体70分くらいになります。

この画像は、エンドロールです。吉浜直樹さんが、判りやすくきちんとテロップ(字幕)を入れて下さいました。吉浜さんのお陰で、大変良いDVDが出来ました。ありがとうございました。また、このDVDを御覧になる学生さんのお役に立てれば幸いに思います。

ブログ制作:いちはら

~床面定期清掃@はまかぜ~ | 2020年9月24日

今日の日中に、清掃業者さんの床面清掃がありました♪その様子をお届けします!

業者さんが、清掃用具で床面を磨いてくれます♬写真は、2階の女性居室の清掃風景です☆磨きやすいようにベッドも移動させていますね🎵

業者さんの清掃用具をアップで撮影すると、こんな感じです!磨く能力が凄いです。見ていたら、アッという間にピカピカになります☆

掃除が終われば、床面はこんなにピカピカです☆清掃業者さん、お疲れ様でした。おかげさまで、気持ちよく生活することが出来るかと思います。

ブログ制作:いちはら

☆都内福祉事務所より見学者ご来訪@はまかぜ☆ | 2020年9月24日

9月23日に、板橋区板橋福祉事務所、板橋区赤塚福祉事務所、三鷹市役所生活福祉課より4名の方々が、「はまかぜ」と寿町へ見学にお越し下さいました。

皆さま、とってもご熱心な方々ばかりです。写真↑は、ご熱心に「はまかぜ」の説明を聞いているところです。

今度は、施設内の見学です。実地見聞でもご熱心な姿勢は、お変わりありません。その後も、関係機関を見学されたり、寿町に深く関わる要人のお話しを聞いたり、とっても過密なスケジュールでしたが、難なくこなされて、その熱意には恐縮しております。その姿勢は、参考にさせていただきたいくらいでした。今日は、遠路お越し下さりありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ制作:いちはら

 

☆泉区地域ケアプラザさんからの見学者@はまかぜ☆ | 2020年9月18日

本日、15時半から16時半まで市内泉区の地域ケアプラザ関係者の方々9名が「はまかぜ」に見学にお越しになりました。寿町に足を運ぶのが初めての方もいらっしゃるようでした。

まずは、寿町や「はまかぜ」についての説明をしています。皆様からは、ご質問もありましたし、とってもご熱心に聞いて下さいました。恐縮です。

説明を聞き終えると、今度は2つのグループに別れて施設内の見学をしていただきました。コロナ禍ですから、密になることに気を付けて、施設内見学も最小限にとどめています。今日はお忙しい中、見学にお越し下さいましてありがとうございました。

ブログ制作:いちはら

=寿福祉プラザ相談室さんとの合同防災訓練@はまかぜ= | 2020年9月17日

みなさま、こんにちは。9/16午後、寿福祉プラザ相談室さんと合同の防災訓練を実施しました。その様子を、ご紹介させて頂きます。なお、今回はコロナ禍のため、密を防ぐため利用者さんほかは訓練に参加していません。でも、参加人数は、30人くらいになるかと思います。

13:28、「はまかぜ」隣の建物2階から出火したという想定で、防災訓練が始まりました。

早々と1駐車場に避難完了し、責任者に避難人数の報告をしているところです。

 点呼が完了したところで、新しく着任された深田防災担当からのお話しを聞きます。

深田防災担当のお話しの後は、実地見分です。各職員が消火器の操作を覚えるために参加しています。久保田施設長も真剣そのもので、訓練に参加しています♪

赤いコーンを炎に見立てての消火訓練です。見事にダミーの炎に届いています。消火器1本で大体バケツ9杯分の消化能力があるそうです。思ったより凄いですね。

次は、スプリンクラーや消火栓の説明を聞きます。この消火栓からは浴槽1つ分(200リットルほど)の放水が可能のようです。かなりの放水能力があります。

勝又職員が放水を体験しています。真剣に取り組んでいますね。

消火栓からの放水は、かなりの水圧で付近は水浸しになってしまいます。

最後は、深田防災担当のご指導で、負傷者が出たという想定でタンカを使った訓練を行なっています。今日の訓練は、1時間くらい続きましたが、火災や災害は実際には経験したくないものです。しかし、万が一の際は、今日の訓練が役立つことは間違いないかと思います。忙しい中の訓練お疲れ様でした。

ブログ制作:いちはら