匡済会とは
WORKS
社会福祉法人 神奈川県匡済会 理事長 渡邊俊郎
社会福祉法人 神奈川県匡済会 理事長 渡邊俊郎
社会福祉法人 神奈川県匡済会 理事長 渡邊俊郎
他者への思いやりと福祉への熱い思いを持って、ともに未来へ

神奈川県匡済会は1918年に設立されました。当時は第一次世界大戦後の大不況で物価が高騰し米や食料の値段が急激に上がったので全国で米騒動が起こりました。一般庶民が米蔵へ押し入り暴動を起こすというのは現在ではちょっと想像できませんが、それほど世の中が不安定になったようです。横浜では経済人が中心となって相談し、資金を拠出し、篤志家からお金を募って、まず米や薪炭(家庭用の燃料)を安く提供し、また、港湾労働者などの宿泊所を建設することにしました。これが匡済会の設立当初の姿です。ちなみに「匡」という字は普段あまりなじみのない言葉ですが、「ただす」、ゆがんだものを本来の形になおす、という意味があるそうです。

設立間もない頃に当団体の役員が、「経済上の弱者は現行の資本主義社会組織必然の産物であるから、弱者救済は社会全体の責任と考える」と語っております。恵まれない人への温情ではなく、すべての人の生きる権利を尊重することを基本に、必要な支援をするというもので、今日まで私たちが大切に守ってきた考え方です。

現在、当会は、生活自立支援施設、救護施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、保育園、ケアプラザなどの10を超える施設を運営しておりますが、設立当初からの高い志を受け継ぎ、「ご利用者そしてご家族の、たくさんの笑顔の実現」と「その笑顔を創りだしてくれる職員の、幸せの実現」を目指して日々努力を続けております。

他者へ対する思いやりと福祉に対する熱い思いを持った方を募集しています。私たち職員と一緒に夢を持って明日を歩んでみませんか。

基本理念

『あらゆる人の尊厳を守り、常に人が人として文化的生活を営めるよう、その自立に向けた支援に努める』
この理念こそ、神奈川県匡済会で一緒に働く仲間の「心からの思い」であり「行動の宣言」です。
我が国に社会福祉事業法(現社会福祉法)が制定される30年前に、
本会の本格的な事業のスタートともいえる『横浜社会館』の開館にあたっての
左右田喜一郎館長(大正10年当時)のスピーチから引用され、
時代の変遷に伴い若干の言葉の修正を加えつつも、今日まで引き継がれてきた言葉です。

私たちは、この理念のもと、100年近くにわたり築き上げられてきた長い歴史と実績を基盤として、
高齢者や児童福祉をはじめ、生活保護、ホームレス支援事業などの多様な分野において、
福祉事業を展開しております。

基本方針
利用者の立場に立った最高の福祉サービスを提供することによって、利用者のたくさんの笑顔があふれる匡済会を創り上げる。そしてこの笑顔こそを、私たち匡済会メンバーの喜びとする。
誠実で、公正な行動を信念とする匡済会であり続け、利用者・社会の信頼を宝とする。
健全経営に徹し、利用者・ご家族・匡済会メンバーに対し、継続的な経営という責任を果たす。
メンバーの一人ひとりが、職制・業務の枠を超えて、経営の目的と自分の目標を実現していこうとする思いと行動にあふれる匡済会を創る。
メンバーがお互いに、その人間性を尊重することによって、活き活きと働くことができる匡済会を創る。
法人概要
社会福祉法人 神奈川県匡済会(かながわけんきょうさいかい)
理 事 長 渡 邊 俊 郎
所在地

〒245-0016 横浜市泉区和泉町6181番2

TEL:045-803-8684 FAX:045-805-0612

E-mail:honbu@kyosaikai.jp

URL:http://www.kyosaikai.jp/

設立年月日

大正 7年10月11日(1918年) 「神奈川県救済協会」として発足

大正 8年 1月20日(1919年) 「社団法人 神奈川県救済協会」に改称

大正 8年12月10日(1919年) 「神奈川県匡済会」に改称

昭和27年 5月 2日(1952年) 「社会福祉法人 神奈川県匡済会」に改組

神奈川県匡済会の歩み
役員の構成

理事長1人、常務理事1人、理事4人

評議員8人、監事2人 

組織図

組織図マップ