神奈川県匡済会は、高齢者福祉、児童福祉、生活保護、生活自立支援関連事業等、多岐にわたり、一貫して時代の変遷に即応した社会福祉事業を展開しています。
社会福祉法人神奈川県匡済会
ホーム 神奈川県匡済会について 事業案内 採用情報 お問い合わせ
匡済会について
事業案内
神奈川県匡済会 みんなのブログ
大倉山保育園
施設長ごあいさつ
笑顔でつながり育ちあう
大倉山保育園
施設長 南雲 早苗
大倉山保育園
保育園は通ってきている子どもたちが一日の大半を過ごす生活の場です。 同年齢、異年齢、インクルージョンなど、様々な子ども同士の関りから多くの刺激を受け、作用し合いながら成長していきます。 子ども自身が持っている「自ら育つ力」を信じて、保育者はその姿を見守り、時には仲立ちとなり、共に育ち合う環境を整えていくことが大切な役割のひとつです。 好奇心旺盛な子どもたちが、毎日の生活やあそびの中に「楽しいこと」を沢山見つけ夢中になれることが「またやりたい!」「もっとやりたい!」という意欲へとつながっていきます。 どの子どもにも「楽しい事」を提供していかれるよう、職員一人ひとりも互いにつながり合い、連携して保育を展開しています。
南雲施設長
保育園での毎日の生活の中には子ども同士だけではなく、多くの人との関わりがあります。 大倉山保育園では保護者会の活動がとても活発で、年間を通して保護者会が主催する行事や保育園との共催行事があります。 毎回、各担当の方を中心に丁寧な打ち合わせや準備、運営、反省が行われ、引き継がれています。 保育参加にも積極的で、日々の保育の中に保護者のみなさんと子どもたちが関わる場面がこれだけ多くあり、力を注いでいただけるというのは、本当にありがたく心強いことだと思います。
地域の中でも、町内会の方々との公園清掃や散歩時の見守りなど、子どもたちが多くの人と関わりながら地域の宝として大切に育てられているのがよく分かります。
保育園は人と人をつなぐ場でもあります。大倉山保育園が多くの人と関わりを持ち、その関わりが笑顔でつながり、子どもたち一人ひとりの成長はもちろんですが、職員も保育園も共に育ち合っていかれるよう、出会いご縁を大切に育みながら保育運営を進めて参ります。
ピックアップ風景
スタッフより
「面白いもの」の発見の場であるように
保育士 今本
子どもたちは、園庭の隅の方、お部屋での遊びの中、友だちとの会話の中などから、「面白いもの」を見つけ出す天才です。
それは、大人にとっては、「えっ!こんなもの?」と思ってしまうような小石や葉っぱだったり、単純な言葉の繰り返しの響きだったり、私たちが普段素通りしてしまうような何気ない日常の中から、実に様々な「面白いもの」を見つけ出してきます。 その発見は、友だちや保育者とこんなこことをしたら、楽しかった、嬉しかった、気持ちが良かった、など自分の周りの人との関係の中にも満ち溢れています。
発見を繰り返し、自分の世界をより豊かで魅力あるものにしていくその姿を間近に見ていると、私自身、自分の暮らす世界の魅力を再発見していくような嬉しさを感じることができます。
保育園がそんな発見の場であることができるように、子どもたちと一緒に生活を楽しんでいきたいです!
一人ひとりの良さを大切にしながら、楽しい毎日を
保育士 種市
大倉山保育園で働き始めた当初は、日々の保育のことで精一杯でした。 ですが、経験豊かな先輩方に指導していただきながら日々の保育を重ねることで、一日の保育を円滑に進めらることが増えました。
子どもたちと過ごす日々はあっという間で、どんどん成長していきます。ハイハイから立って歩けるようになったり、言葉が増えたり、自我が芽生えてきたり・・・。 そんな子どもたちの成長を見逃さず、保護者の方・子どもたち・保育者の皆で日々喜び合っています。
園生活で子どもたちは笑いあい、時には喧嘩や悔しさから涙することもありながら楽しく過ごしています。その日々の中で保育者である私たちが学ぶことや気付かされることも多いです。
そんな子どもたちの一人ひとりの良さを大切にしながら、楽しい毎日を保障できるような保育をしていけるよう、私も成長していかれるよう努めたいと思います。
安心と安らぎの中で
調理師 林
私が、調理師として常に心がけていることは、子どもたちが給食を食べている様子をできるだけ見届けることです。
初めは、保育室に入ると「誰?」と、怪訝な表情で私を見ていた子どもたちも、今では「あ!!○○先生だ!これ、おいしいね!ほら、もうピカピカ!」と名前を覚えてくれて、空になったお皿を自慢げに見せてくれたり、時には「○○先生!昨日××に行ったんだ〜。」など昨日の出来事を話してくれたりする子もいます。 子どもたちと話すのが楽しく、いつも元気をたくさんもらっています。
食は生きていく上で、基礎となるものだと思います。特に0歳児は離乳食を通して、徐々にたくさんの食べ物と出会います。離乳期の子どもたちが、安心と安らぎの中で、食べる意欲がわいてくるような手伝いができたら、と思っています。

 このページのトップへ

インフォメーション個人情報保護方針特定個人情報取扱基本方針
ウェブアクセシビリティ方針サイトマップ