慶應大学大学院生のご来訪@はまかぜ | 2021年2月14日

みなさま、こんにちは。去る2/12(金)、14時~15時半まで、慶應大学大学院生修士課程:狩野祐人さんが、「はまかぜ」へお勉強に来訪されました。なんでも医療人類学の修士論文を書かれるそうで、その取材ということでした。

狩野佑人さんです。

最近は、コロナ禍ですっかり見学のご依頼も減ってしまった中、遠路お越しいただき、狩野さんのご熱心にメモを執られているお姿に、深い感銘を覚えました。将来が期待される好青年です、謙虚な姿勢と相まって非常に好感が持てました。

今度は、ご熱心に「はまかぜ」のパンフレットを見ています!

狩野さんは、午前中は東京の山谷を見学されていたそうで、寿町に来られるのは、今日で4回目とのことでした。この積極性ですから、きっと、良い論文が仕上がるかと思います。そう期待しています。

今後も何かありましたら、お手伝いご協力しますから、是非、頑張って下さい!応援しています☆

ブログ制作:いちはら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください