特別養護老人ホーム白寿荘:「上に参ります!」 もう1つのエレベーターが完成しました! | 2020年3月9日

皆さんこんにちは!
主任介護員の伊藤です。

 

卒業シーズン真っ只中!
しかしながら今年は、世界中を巻き込むウィルスの影響で、卒業式の来賓祝辞や保護者の出席を取りやめたり、時間を短縮するなどの動きもあり、満足のいく卒業式が執り行われていない様ですね。いつもとは異なる式ですが、一生に1度。しっかりと盛大に送り出してあげたいですね!

 

さて、エレベーターも建物とともに老朽化します。
設置から20年を経過したエレベーターの主要部品はすでにメーカーで作られていない場合もあり、いざ故障したとき、 修理に必要な部品の調達に手間取ったり、長期間エレベーターが使用できなくなったり、最悪は修理出来ない可能性もあるそうです。

 

白寿荘も創設26年を迎え、昨年秋から中庭に、新規エレベーター設置工事が始まりました!

 

R1/10/13

エレベーターの荷重を受ける杭やコンクリート基礎を作っています。

※台風19号の記録的な大雨で、基礎部分が水没しかけましたが、ポンプを設置したりして難なく切り抜けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R1/12/6

エレベーターシャフト(上下する空間)を作っています。エレベーターを支える骨組みを鉄骨でくみ上げ、廻りをコンクリート平板で覆います。また、動力となる電気の幹線引込みも行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R2/1/18

最終確認を終えて、動作・安全性の確認を行い、引き渡しの日も、もうすぐです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、、、ついに完成しました!

乗り心地は最高です!新築の香りがします!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください