赤ちゃん生まれる!(養護老人ホーム 白寿荘) | 2011年6月27日

毎年、ツバメが白寿荘にやってきて、巣作りをしていたのですが、

昨年までは完成半ばで巣作りを諦めて、どこかへ行ってしまって

いました。ところが今年は巣作りを完成させて卵を産んだではあ

りませんか!!そして、6月16日に初めて雛ちゃんを私たち職員

も確認することができました♪

Photo

親鳥は一生懸命に餌を運んでは、小さなクチバシの中に入れ

ていましたが、雛鳥に対するひた向きな、その親鳥の愛情を

目にした時、私たち人間社会の中では我が子へ虐待をする親

がいますが、こういう親は是非、親鳥を見習って欲しいもの

だと思いますね。

Photo_2

(親鳥の爪のアカを煎じて飲ませたいですよ!・・ったく!)

 やがて子供たちも元気に巣立っていくことでしょうが、自然

 界の厳しさに負けないで生きていって欲しいと願わずにはいら

 れません・・・

 ツバメの巣の中の赤ちゃん画像を脚立に乗ってデジカメで撮影

 して皆さんにお見せしたかったのですが、親鳥が「プライバシ

 ーを侵害しないで!個人情報保護法違反です!」と言っている

 ようでしたのでやめました。

(でも親画像の掲載については本人・・もとい!本鳥の承諾は得

 ていません・・汗)

 

 ちなみにツバメの巣は、その家に幸せを運んでくれるという言

 い伝えがありますので、きっと白寿荘にも更なる幸せが訪れる

 こでしょう♪ 期待しています!!

3 thoughts on “赤ちゃん生まれる!(養護老人ホーム 白寿荘) | 2011年6月27日

  1. hide

    ツバメの赤ちゃんたち、みんな元気に巣立つといいですね。職員みんなで温かく見守ってあげましょうね[E:note] 
    野生の生き物を見て、いつも思うことですが親から巣立った後は、死ぬも生きるも自己責任の世界!!私もその生き様を見習おうと思います。人間界では人々は「孤独死」に対しては憐憫の情を抱きますが、これも1つの死に様であり、個人的には受け入れられます。大事なことは「死に様」よりも「生き様」であり、「生き様」に納得いけば「死に様」はどうでもよいと思えます。野生の生き物も人生の師匠です。

    返信
  2. ueno

    ひな鳥は3羽でしょうか!!   パワフルな生きていく力を感じますね。白寿荘で今年は、しっかり巣だって、また戻ってきてほしいものです。

    返信
  3. 寿老人

     E:happy01]頭の毛がまばらに生えてるのが見えます。カワユイ!
     我が家の玄関先のホールの非常ベルの上にもこの十年来ツバメが巣を作ってヒナを返しています。巣立ちはいつもドキドキします。
    無事巣立ちを迎えますように。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください