寿で暮らす人々NO24 成瀬さんのこと | 2011年5月18日

<老人クラブの人物 つれづれ>

成瀬さんのこと・・・

成瀬さんは、東北の国家公務員。日雇港湾労働者の厳しい生活環境を目の当たりにし、日雇港湾労働者とともに生きることを決意。妻子から離れ、日雇港湾労働者の組織化活動に没頭。

そして寿で・・・

ある日、成瀬さんは、ドヤの一室で亡くなっていた・・・・・

「kotobuki24.doc」をダウンロード

1 thought on “寿で暮らす人々NO24 成瀬さんのこと | 2011年5月18日

  1. 元はまかぜ職員T

    家族を犠牲にしてまで辛い立場の方々の環境改善に奔走する方までいるなんて、初めて伺いました。奥様の立場に立てば、「とんでもない!」という声も聞こえてきそうなものですが、このご家族のケースにおいてはそうではなかったのですね。
    ちょっと複雑な思いですが、このような方達が居て寿町は成り立っているという事を、改めて思い知らされました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。