神奈川県匡済会は、高齢者福祉、児童福祉、生活保護、生活自立支援関連事業等、多岐にわたり、一貫して時代の変遷に即応した社会福祉事業を展開しています。
社会福祉法人神奈川県匡済会
ホーム 神奈川県匡済会について 事業案内 採用情報 お問い合わせ
匡済会について
事業案内
神奈川県匡済会 みんなのブログ
養護老人ホーム野庭風の丘
施設長ごあいさつ
ご利用者、ご家族、地域の方に信頼され愛される施設をめざして
養護老人ホーム野庭風の丘
施設長 小倉康志
野庭風の丘外観
平成30年4月1日、「養護老人ホーム野庭風の丘」の施設長に着任いたしました、小倉康志と申します。
養護老人ホーム野庭風の丘は、平成28年2月1日に開所した新しい老人ホームです。 近隣には自然豊かな野庭中央公園があり、ご利用者の散歩コースとして親しまれ、健康の維持という観点からも恵まれた環境に立地しています。
養護老人ホームは高齢者の集団生活の場です。「野庭風の丘」においても、120名の方々が毎日の生活を送る場所となっています。利用者の方々には自分なりの考えや意見があり、苦情や不満の声が聞かれることもあります。 そのような考えや意見、あるいは苦情、不満等に対して、傾聴する姿勢を大切に、利用者が安心して話ができる雰囲気づくりに努めていきたいと思います。
小倉施設長
また、当ホームでは地域の住民の方々との交流や地域の福祉活動の支援を事業運営の主要な柱としており、当ホームで実施するイベントやレクリエーションへの参加や、毎月開催される「子どもとお年寄りの集い」において、地域の方々は欠かせない存在となっています。
少子高齢化の比類なき進展や介護職員の人材不足など、福祉業界を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。こうした環境下、「あらゆる人の尊厳を守り、常に人が人として文化的生活が営まれるよう、その自立に向けた支援に努める」という当法人の基本理念を事業推進の中核に据えながら、ご利用者とご家族、そして地域の方々から、信頼され愛される施設をめざして、職員一同、力を合せて進んでまいります。
ピックアップ風景
スタッフより
入居者様に寄り添い、その方の自立に向けた支援に尽力できるよう、努めてまいります。
主任生活相談員 田村 智紀
image
当法人としては白寿荘という養護老人ホームの運営実績がありますが、個人的には他種別施設からの異動により勉強させていただく身であります。
しかしながらどのような事業所に就こうとも「あらゆる人の尊厳を守り、常に人が人として文化的生活を営めるよう、その自立に向けた支援に努める」という法人の理念に変わりありません。
養護老人ホームは措置施設となっており、自発的に支援を求める事が困難な方には依然として大きな役割を担っている事業と言えます。 寄り添い、その方の自立に向けた支援に尽力できるよう、努めてまいります。
管理栄養士 佐藤弥生
お食事の際に食堂で「いつも美味しいお食事をありがとう」と声をかけていただきます。 入所者様からは好きな料理の話から故郷の話、今までのお仕事のお話など・・たくさんのお話をしてくださいます。 入所者様が当施設に来るまでにさまざまな歴史があるのだと実感しています。
今日召し上がれるものが明日はどうなるかわからない、そんな中で季節や行事を大切にして、入所者様に喜んでいただけるような美味しくて、安心、安全なお食事を委託会社様、各職種の方々と協力をしながら作り上げていきます。
主任支援員 木野遥香
私たち支援員は、入居者の方々が安心して生活をしていただけるように、日々支援をさせていただいております。
施設内でのご意見やご不満を話された際には、その方の気持ちに立って考え、想いを大事にするように努めております。 全ての想いにお答えするのは難しいこともございますが、その際には誠心誠意対応させていただき、おひとりおひとりが、納得していただけるようなお声かけを心掛けております。
今後も皆様が笑顔で健康な生活を送っていただけるように、支援員一丸となって支援をしていきたいと思っております。
支援員 武田英之
私たち支援員は、ご利用者が安心して日々の生活をおくることができる環境を提供するとともに、ご利用者一人ひとりの自立した暮らしの実現に向けたサポートをしております。
当ホームで行われる四季折々の行事やアロマハンド、プチカフェなどの各種イベントを通じて、ご利用者が"五感を刺激"されて、楽しんでいただけるように工夫しています。
「ありがとう」の気持ちを忘れずに、ご利用者に信頼されるよう支援に努めていきたいと思います。
支援員 野中明代
ご利用者のより良い生活を実現するため、日々の業務の中でいろいろなことを学びながら、支援員同士でアイデアを出し合い、ご利用者が楽しんで参加できる行事やアクティビティを企画し、実施しています。
養護老人ホームでは、日常生活をおくる上で自立されている方ばかりでなく、何らかの介助を要する方も多く生活しています。イベント等の企画においては、一人ひとりのご利用者の特性に配慮した内容となるように、職員一同取り組んで参ります。

 このページのトップへ

インフォメーション個人情報保護方針特定個人情報取扱基本方針
ウェブアクセシビリティ方針サイトマップ