神奈川県匡済会は、高齢者福祉、児童福祉、生活保護、生活自立支援関連事業等、多岐にわたり、一貫して時代の変遷に即応した社会福祉事業を展開しています。
社会福祉法人神奈川県匡済会
ホーム 神奈川県匡済会について 事業案内 採用情報 お問い合わせ
匡済会について
事業案内
神奈川県匡済会 みんなのブログ
横浜市生活自立支援施設はまかぜ
はまかぜについて
施設の目的
「横浜市生活自立支援施設 はまかぜ」は、路上生活、或いはそのおそれのある方に一時的な宿泊場所を提供するとともに、生活指導や就労援助などを行い、その自立を支援することを目的として、横浜市条例に基づき設置されました。
施設概要
所在地 〒231-0026 横浜市中区寿町4-13-1
設置主体 横浜市
運営主体 社会福祉法人 神奈川県匡済会
開所年月日 平成15年6月1日
(匡済会の生活自立支援関連事業への取り組みは3.事業の沿革
ご参照下さい。)
建物の構造 鉄筋コンクリート造(地下1階・地上7階)
延床面積 約3,200m2
設備内容 居室、事務室、職業相談室、面接室、浴室、食堂等
定員 250人(うち女性枠20人)
職員構成 施設長、事務員、生活支援員、看護師 計27名
*職員数は非常勤職員を含みます。
利用期間 原則3ヵ月(ただし、最大6ヵ月まで延長可能)
利用方法 横浜市内各区の福祉保健センターや夜間巡回相談などをつうじて、福祉保健センター長が行う認定審査により支援対象と認められた方について、本人の申請にもとづき、指定管理者である当施設が利用を許可します。
援助内容
1. 一時的な宿泊場所並びに食事、衣類及び日用品等の提供
2. 生活に関する相談及び支援
3. 健康に関する相談及び支援並びに健康診断
4. 雇用の場の確保に関する支援
5. 居住の場所の確保の支援
職員募集について 職員募集についての詳細は、採用情報ページをご確認下さい。
事業の沿革
平成 3年 3月 「横浜市南浩生館」で緊急一時保護事業を開始
平成 6年11月 「まつかげ宿泊所(はまかぜの前身)」を開設、緊急一時宿泊所運営事業として、従来の緊急一時保護事業を拡充
平成12年 5月 「まつかげ宿泊所」と「横浜市南浩生館」が『自立支援センター』として国の認証を受ける
平成14年 3月 「横浜市南浩生館」を閉鎖
平成15年 6月 「まつかげ宿泊所」を発展解消し、「横浜市ホームレス自立支援施設はまかぜ」として運営開始
平成16年 5月 全国で初めて巡回相談を専門に行う「ホームレス巡回相談室」を開設して、「横浜市ホームレス巡回相談指導事業」を開始
平成16年11月 「横浜市ホームレス緊急一時宿泊施設(シェルター)中村川寮」を開設
※平成23年3月事業終了
平成16年12月 「介護予防型通所事業」を横浜市中区福祉保健センターから引き継ぎ事業開始
※平成24年3月事業終了
平成23年10月 「仕事チャレンジ講座(生活・社会・技能習得訓練)実施事業」を開始
平成24年 4月 「寿つながり自立推進事業」を「介護予防型通所事業」の後継事業として開始
「横浜市簡易宿泊所借上型シェルター事業」を開始
平成24年12月 「横浜市ホームレスの自立に向けたアフターフォロー事業」を開始
平成25年 3月 「ホームレスの自立に向けた個別支援を進めるために」(厚生労働省社会福祉推進事業報告書)を刊行
平成26年 4月 「寿つながり自立推進事業」を「寿高齢者健康維持支援事業ステップ2」と改称
平成27年 4月 「生活困窮者自立支援法」施行に伴い、「横浜市ホームレス自立支援施設はまかぜ」を「横浜市生活自立支援施設はまかぜ」へと改称
また、「横浜市ホームレス巡回相談指導事業」を「巡回相談指導室」へと改称のうえ、はまかぜと事業統合
さらに、「横浜市ホームレスの自立に向けたアフターフォロー事業」を「横浜市生活自立支援施設退所後の自立に向けたアフターフォロー事業」へと改称
平成28年 4月 「横浜市生活自立支援施設退所後の自立に向けたアフターフォロー事業」を、はまかぜと事業統合
平成29年 4月 横浜市中区からの委託事業であった「ことぶき高齢者健康維持支援事業ステップ2」の終了に伴い、新たに本会の自主事業「寿地区高齢者健康推進事業寿でぃ ふれあいの広場」として事業を開始
日常生活のあらまし
(1)
食事時間(交代制)
朝食  午前7時15分〜午後 8時30分
昼食  午前11時45分〜午後 1時00分
夕食  午後 7時00分〜午後 9時00分
(2)
入浴時間
月曜日〜土曜日  午後 5時30分〜午後 9時00分
(3) 門限・消灯は午後10時です。(ただし、就労等の正当な理由により遅れる場合には個別対応できます。)
(4) 入所中でも就労することができます。また、就労に伴う必要経費に対する援助制度もあります。
(5) 指定された場所以外は禁煙です。
(6) 飲酒は認められません。なお、アルコール依存の問題があると判断
された場合には、断酒活動(ミドルプログラム等)への参加が可能です。
(7) 自分の着ているものの洗濯は、自分で行います。
(8) 月に1回、全室消毒と布団乾燥を行います。

 このページのトップへ

インフォメーション個人情報保護方針特定個人情報取扱基本方針サイトマップ